本文へスキップ

お問い合わせ:TEL.042-513-3467

〒197-0004 東京都福生市南田園2-4-6


ワクチンについてvaccine

『ワクチン』という言葉よりも、『予防接種』、という言葉のほうがヒトでは馴染みが深いと思います。

ヒトでは、インフルエンザや日本脳炎、破傷風をはじめ、小児ではヒブワクチン、肺炎球菌ワクチンなど様々な予防接種があり、それによって免疫力を増強して病気を予防できています。
また、海外渡航の際には、狂犬病ワクチンの接種も義務付けられている場合があります。

このように、ワクチンはヒトの生活においても身近な存在です。

当院での混合ワクチン接種対象となるペットは、
イヌネコフェレットです。

通常、仔犬・仔猫では生後8週齢(約2ヵ月齢)から1ヵ月ごとに計3回接種し、その後は毎年1回の予防接種で免疫力を維持するワクチン接種プログラムが推奨されています。
また、生活スタイルによって、入っているワクチンの種類をお選びいただけます。
特に、
犬レプトスピラに関しては、保菌ネズミの尿から感染しますので、発生報告の多い地区・野山によくお出かけになる場合には予防をお勧めいたします。

狂犬病ワクチンに関しては、海外では未だ狂犬病清浄国が少ないこともあり、イヌでは法律で毎年の予防接種が義務付けられています。

近年、ヒトにおいても、デング熱やエボラ出血熱など、様々な脅威にさらされている現在、検疫による水際防疫だけに頼らず、万が一のことも考えての予防が必要です。




《イヌのワクチン》
・狂犬病ウィルス ※混合ワクチンには入っていません
・犬ジステンパーウィルス
・犬パルボウィルス
・犬アデノウィルス

   犬伝染性肝炎(CAV-1)
   犬伝染性喉頭気管炎(CAV-2)
・犬パラインフルエンザウィルス
・犬コロナウィルス
・レプトスピラ【人獣共通感染症】

   コペンハーゲニー
   カニコーラ
   ヘブドマディス


《ネコのワクチン》
・猫伝染性喉頭気管炎(ヘルペスウィルス)
・猫カリシウィルス
    FC-7・FC-28・FC-64
・猫汎白血球減少症(パルボウィルス)
・猫白血病ウィルス
・猫クラミジア


《フェレットのワクチンについて》
犬ジステンパーウィルス予防が一番の目的ですが、日本国内ではジステンパー単独のワクチンが入手できないため、犬用のワクチン(2種混合)を接種しています。
対象外動物への接種のため、まれではありますがワクチンアレルギーを起こす場合があります。
ご理解を頂ける方に接種しております。