本文へスキップ

お問い合わせ:TEL.042-513-3467

〒197-0004 東京都福生市南田園2-4-6


レーザー治療LASER Treatment

どのような治療か?

レーザーというと、有名な某SF映画で剣になったり銃から発射されたり…。
そのようなイメージが強いと思います(?)。

身近な医療現場では、ムダ毛のレーザー脱毛、ほくろ・シミ除去(CO2レーザー)、視力回復のためのレーシック(エキシマレーザー)などで使用されており、治療と言っても、その適応・使用方法は様々です。

当院で導入しているレーザーは、半導体レーザーです。

以下に症例報告を兼ねて、治療例を挙げていきます。



 〇疼痛緩和
 〇歯周病治療
 〇レーザーサーミア《腫瘍温熱療法》
 〇腫瘍切除〜小動物編〜
 〇鼻腔狭窄拡大手術






  ★疼痛緩和★
   (気持ち良さげなエルク隊長)

    レーザー照射により、血流を良くし、筋緊張を緩和します。
 
    半導体レーザーの波長(810nm)は、近赤外線の性質で生体組織を透過しやすく、
   組織内部への光の温熱効果をもたらします。 
   
   慢性化した関節疾患などで、継続的に治療することにより
   痛みを和らげたり、関節可動域を回復することができます。







  ★歯周病治療★
   ※全身麻酔が必要です!!

    歯周病でできてしまった、歯周ポケット内を殺菌します。
 
    歯石除去・ポリッシング後に行うことで、より口腔内環境を改善することができます。

    人の歯科領域ではこの治療以外にも、根尖性歯周病の歯内療法や切開を必要とする
   口腔外科、知覚過敏の治療などにも用いられています。
  
  ※写真の右下顎後臼歯はレーザー治療の対象外で、抜歯いたしました






  ★レーザーサーミア《腫瘍温熱療法》★
   腫瘍細胞は、正常な細胞に比べて熱に弱いことを利用して、
   手術困難・不可能な場合には緩和療法として行います。
 
【口腔内腫瘍】
  下の写真のネコちゃんは、右頬から右下顎にかけて大きな腫瘍が見えますが、
  詳しい検査の結果、頚部にも大きな転移巣が確認され、さらに肺転移も見つかったため、
 侵襲の少ない治療としてレーザーサーミアを実施しました。

   


  レーザーの波長と色素の吸収波長が近いため、色素の注入された部分の温度が上昇します。
  色素は、生体に投与可能な検査試薬(ICG)を用いています。

   腫瘍内部に色素を注入、表面にも塗布
   
   レーザー照射。切除は行いませんでした。
   

   レーザー照射から3週間後の様子です。
   頚部および肺の転移巣は変化ありませんが、口腔内の腫瘤はかなり縮小し、
   食べるのが楽になりました。

   
   ※今回は、あくまで緩和目的の治療です。
    可能ならば、下顎片側全切除手術等、より根治的治療をまず提示いたします。


【体表腫瘤】
 次の子もネコちゃんですが、御年19歳と、だいぶご高齢のおじいさんネコです。
 
 上腹部に、下の写真のような皮膚腫瘍ができて、表面が自潰しています。

 本来なら、手術適応なのですが、すでに数年前から慢性腎不全も進行していました。
 局所麻酔での切除、というには痛い・大きいことより、レーザーサーミアを実施いたしました。

    
 初診時
 わかりづらいですが、お腹の右側です(乳首のあるところ)。
 腫瘍は、横3×縦3×厚1pの大きさがあります。
 周囲皮下に局所麻酔を施し、腫瘤にICG注入、非接触でレーザー照射しました。

    
 2週間後(初診より14日後)。2回照射後です。
 腫瘤の大きさはあまり変わりませんが、皮膚は一時的に自潰が進行します。
 今回は局所麻酔後、ファイバーを腫瘤に刺入して内部照射しました。
 処置後は、自宅での消毒と包帯で保護していただきました。
 

    
 3週間後(21日目)
 腫瘤が縮小しています。
 今回も同様に、ファイバー刺入にて照射⇒表面にICGを塗布して外部照射、の順に治療しました。

    
 4週間後(28日目)
 腫瘤の縮小が一目瞭然です。表面麻酔、ICG塗布しての外部照射のみ実施しました。
    
 上図(28日目)の、外部照射後です。痂皮化させ、包帯は巻かずに看ていただいています。

    
 6週間後(42日目)
 同一部位です!!
 最後に、ICGを塗布・外部照射で痂皮化させ、治療終了としました。

※あくまで局所の姑息的治療目的のため、組織診断や定期的な転移のチェック等は行っておりません。
 高齢・腎不全等のリスクがない場合には、全身の精査後にまず手術での摘出をご提案いたします。






★腫瘍切除〜小動物編〜★
 腫瘍は、血管を発達させて栄養を奪いながら大きくなっていきますので、手術の時には
それなりの出血を伴うことが少なくありません。
 
 体の小さい動物においても、腫瘍の発生は比較的多く、かつ麻酔・出血のリスクで手術が
困難な場合が多いです。
 
 そのような場面でも、短時間の麻酔で、出血を最低限に抑えられるレーザーは
とても活躍してくれています。

●ジャンガリアンハムスター(1歳・体重40g) 
 左後肢(足の甲)に発生した腫瘤。約8oの大きさですが、体と比較するとかなりの大きさです。
(手術前)
 
上から                    側面から

(手術後)
  

 ←切除した腫瘍。
左後肢の内側から2本目の指から発生した腫瘍でした。
麻酔導入〜手術〜覚醒までの合計時間は、約10分位でした。

(手術より1週間後)

術部を気にすることもなく、元気に生活してくれているとのことでした。

 ハムスターなどの小型のげっ歯類は、平均寿命が約2.5年といわれております。
小さく、そして短い命を一生懸命に生きているこの子たちにも、何かできることがあれば、
と考えております。
 あきらめる前に、一度ご相談ください!






 ★鼻腔狭窄拡大手術★
 特に短頭種の子たちで、生まれながらにして鼻の穴が小さく、呼吸が障害されてしまう
 鼻腔狭窄症の治療にもレーザーは使用されます。
 

 下の写真の子は、生後7ヵ月のパグさんです。
 この子は、運動時にも呼吸困難等の症状はありませんでしたが、
 避妊手術時に、同時に狭い外鼻孔の拡大処置も行いました。

  ≪処置前≫
    

  ≪処置後≫
    

 見た目には大きな違いはわかりませんが、奥行き約1cmまで軟骨も焼灼・減容積
 していますので、見た目以上に鼻通りは良くなっています。

 鼻腔狭窄は、若いころには症状は軽くても、荒い呼吸状態が続くことで
 将来的に軟口蓋の過長や喉頭室外反etc.を連鎖的に悪化させてしまいます(短頭種症候群)。

 1歳未満での処置により、短頭種症候群の改善率は96%との報告されていますが、
 より高齢で治療を行った場合では改善率は69%だったと報告されています。
 症状が軽い、若いうちの処置をお勧めいたします。





≪まだまだ今後も更新していきます!≫