本文へスキップ

お問い合わせ:TEL.042-513-3467

〒197-0004 東京都福生市南田園2-4-6


フィラリア症についてheatworm disease

毎年、春になると必ずと言っていいほど耳にする、フィラリア症。
近年では、様々なタイプの予防薬ができたことや、予防意識が高まったことで関東近辺では感染がかなり減っているようですが、まだ根絶されてはいないのが現状です。

予防は毎年欠かさず行っているけれど、どんな病気なのかご存じない方も多いのではないでしょうか。
また、ネコにも感染するということも、知らない方が多いのではないでしょうか。

以下に、簡単ですがフィラリア症について記載いたします。



《犬のフィラリア症》

@どんな病気なの?
もともと感染しているイヌを蚊が吸血することによって、他のイヌに伝播していく、心臓(右心・肺動脈)に寄生する寄生虫の病気です。成虫は、そうめんのような細長い線虫です。

  

Aどうやって感染するの?
感染しているイヌの血液には、ミクロフィラリアという、顕微鏡でなければ見えない仔虫が多数存在しています。このミクロフィラリアを蚊が吸血することで、蚊の体内で感染力を持った幼虫となり、他の感染していない動物を吸血した際、伝播されます。

  

   血液中のミクロフィラリア(×400、ディフクイック染色)


B感染したらどうなるの?
感染初期には、ほとんど症状は現れません。症状が出るのは、一般的に感染後数ヵ月から数年経ってからで、心臓・肺・肝臓・腎臓等に障害を起こしてからです。
症状としては、以下のような症状が現れます。
 ●元気・食欲がなくなる
 ●咳がひどくなる
 ●疲れやすくなり、呼吸が荒くなる
 ●尿の色が赤くなる(血色素尿)
 ●貧血になる
 ●お腹が膨らむ(末期の腹水貯留)

※多数の成虫寄生が認められる子の場合、急性に発症する致死的な病態、
大静脈症候群を引き起こすこともあります!


C治療法はあるの?
治療には、以下の方法があります。

☆成虫虫体摘出手術
☆注射での成虫駆虫(治療用ヒ素剤注射)
☆通年予防・内科治療(成虫の寿命が来るまで継続)


成虫虫体摘出手術は、頸静脈から細長い鉗子でフィラリア成虫を心臓の中から吊りだします。目視下での処置ではないので、心臓・肺動脈に成虫が残ることがあります。

ヒ素剤注射での成虫駆虫は、副作用が強く、場合によっては多臓器に障害が残ったり、体が耐え切れないと死に至ることもあります。

内科療法は、ミクロフィラリアを常に死滅させ、虫の増加を抑制します。治療法の中では一番マイルドな治療ですが、その間も成虫による様々な臓器への障害や、血栓症、大静脈症候群のリスクは否めません。

感染しないようにしっかり予防するに越したことはありません。


D予防はどのようにすればいいの?
予防は、感染力を持った仔虫を媒介する蚊の活発な季節に、月に1度予防薬を内服もしくは塗布するか、12ヵ月間持続する注射を打つことで予防可能です。
当院周囲での予防推奨期間は、
4月〜12月下旬までです。


《猫のフィラリア症》
近年、ネコでもイヌのフィラリア症が感染することがわかってきました。

ネコでのフィラリア感染症では、イヌの場合と違って、フィラリア成虫が肺動脈・心臓に寄生するだけでなく、血管内で死滅した幼虫が、肺などの呼吸器に障害を与えることがあります
(犬糸状虫随伴呼吸器疾患:HARD)。

これにより、
難治性の咳や喘息様症状が引き起こされるほか、食欲不振・体重減少がみられたり、最悪の場合には突然死を招くこともあります。

血液中にミクロフィラリアが確認されることはまずありません。また、抗原・抗体検査で検出されないことも多いため、原因不明として治療に苦慮することが多い病気です。

当院では、月に1回、背中に塗布する予防薬で、フィラリア・ノミ・回虫予防ができるものをお勧めしております。


もっと詳しく知りたい方は、こちらのサイトもご参照ください。
    
※DSファーマアニマルヘルス鰍フサイトへジャンプします。