本文へスキップ

お問い合わせ:TEL.042-513-3467

〒197-0004 東京都福生市南田園2-4-6


ノミ・ダニ予防についてFlea & Tick

最近、テレビCMでもお馴染みになってきた、ペットのノミ・マダニ感染。

予防が大切ですよ、とは聞くけど、なぜ予防が必要なの?どんな悪いことがあるの?家の中だけど、予防の必要があるの?etc.と、疑問を持たれる方も多いと思います。

以下に、簡単なノミ・ダニの説明を記載します。


Q.ノミってどんな生き物なの?
体長約5o前後の大きさで、犬猫だけでなくヒトの体表からも血液を吸う外部寄生虫です。
オス・メスともに吸血します。
イヌノミ・ネコノミなど種類が分かれてはいますが、あまり宿主に関係なく恒温動物全般を吸血します。
体は小さいですが、体長の60倍の高さ・100倍の距離を跳べる、とんでもない運動能力の持ち主でもあります。


Q.ペットへのノミの被害はどんな症状?
○ノミアレルギー性皮膚炎

 1匹でもノミが寄生・吸血することで、刺咬部位以外の場所でも強い痒み・湿性皮膚炎・脱毛が起こります。
 主な病変発現部位は、腰背部・頚背部・大腿外側・脇腹に出ることが多いです。


○瓜実条虫の媒介
 ノミが媒介する寄生虫として代表的なお腹の中の寄生虫です。
 人では、サナダムシとも呼ばれています。
 犬・猫から排泄された虫体の片節にはたくさんの虫卵が詰まっていて、それをノミの幼虫が食べることで孵化し、感染力を持ちます。
 糞便検査で見つかることはまずなく、便の表面にキュウリの種のような片節が見つかることで感染に気づくことが多いです。





Q.ダニってどんな生き物なの?





Q.ペットへのダニの被害はどんな症状?


作成中です(^_^;)