本文へスキップ

お問い合わせ:TEL.042-513-3467

〒197-0004 東京都福生市南田園2-4-6


去勢・避妊手術についてcastration & ovariohysterectomy

【病気を未然に予防し、ヒトも動物も快適で健康な毎日を送るために。】

繁殖行動は、子孫を残すために必要なことですが、人間社会で、家族の一員として共に暮らす場合には、その行動が問題となってしまうことがあります。

また、良質なフード・サプリメントができたこと、健康管理の意識が高まったことにより長寿となったペットたちには、高齢期に様々な病気も出てくることがわかってきました。

自然の状態で暮らさせてあげたい、特にオスの場合には(お父さんが同じ男として)健常なのにタマタマを取ってしまうのは抵抗が…と考えがちですが、実は人間社会で一緒に暮らすこと自体、自然な状態とは言えません。ましてや、それが健康を害してしまう原因になるならなおさらです。

これらの問題行動・病気のなかには、去勢(オス)、避妊(メス)手術をすることによって予防できるものも少なくありません。

ノラ猫を去勢・避妊手術し、地域猫としてみんなでお世話をしてあげることによって、望まれず生まれてくる仔猫を減らし、殺処分されてしまう子をゼロにした自治体の話も記憶に新しいお話です。

以下に、去勢・避妊手術によって予防/緩和できるものを挙げていきます。


《オスの問題行動》
・縄張り意識によるマーキング(不適切排尿)行動
・優位性攻撃行動(男性ホルモンが多いことによる)
・発情期のメスのフェロモンにより落ち着かなくなったり脱走してしまう(興奮しやすい)
・ケンカが絶えない(猫エイズ/猫白血病蔓延の原因に)
・欲求が満たされないことによるストレス
  ⇒無駄吠え、破壊行動、自分の毛をむしる・舐め続けるetc.


《オスの代表的な生殖器関連疾患》
・前立腺腫大(嚢胞・膿瘍形成)
・精巣腫瘍
・肛門周囲腺腫
・鼡径ヘルニア
・会陰ヘルニア
・伝染性生殖器腫瘍(可移植性性器肉腫)


《メスの問題行動》
・発情期に外陰部から出血、その後乳腺が発達して乳汁が出る(イヌ)
・昼夜問わず、大声で鳴き続ける(特にネコ)
・発情により興奮し、脱走してしまう
・望まない繁殖のため、飼育できない子供が増えてしまう(特にノラ猫)
  ⇒殺処分されてしまう頭数の増加


《メスの代表的な生殖器関連疾患》
・子宮蓄膿症
・卵巣/子宮腫瘍
・乳腺腫瘍
・膣脱


その他、直接的な原因ではありませんが、緩和が期待できる病気もあります。
Ex.)
・性ホルモン関連性皮膚疾患
・糖尿病
・クッシング症候群


去勢・避妊手術で起こりうるデメリット

もちろん、手術のために全身麻酔をかけますので、麻酔自体の影響はもちろん、手術時の止血異常等もリスクとして挙げられますが、これらは事前の術前検査や麻酔の選択・モニタリング等で限りなく回避することができます。

それ以外のデメリットとしては、肥満が挙げられます。
手術後は、ホルモンバランスの変化により、約30%前後のカロリー消費の減少が報告されています。

ですので、手術後は必要な栄養素を含み、かつ含有カロリー量の少なめなフードが推奨されます。
手術後の体調管理に適したフードもありますので、サンプル等ご遠慮なくお申し付けください。

肥満は食餌によってコントロールできますが、病気はコントロール不可能です。

手術をお悩みの方は、お気軽にご相談ください。